感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ
写真豊富な のぶながワールド

≪  救世主キリスト聖堂、ピョートル大帝記念碑 (モスクワ)  ≫

1838年着工、1883年完成の高さ103mの大聖堂だったが、
スターリンの宗教弾圧により1931年に爆破され、2000年に再建。
現在も、高さは103m。


2度目のロシア旅行
15日間独り歩き (6)
2017-10-06 〜 2017-10-20











早朝に、クールスク駅 と ヴェルニサージュ民芸品市場の下見の後、

3号線を革命広場で乗換えて、、1号線 クロポトキンスカヤ駅下車

革命広場での 1号線への乗換えは、、外に出て、
マネージナヤ広場を通過する。

クロポトキンスカヤ駅



地上に出ると、、目の前に  大聖堂、、、
現在位置や方角を確認する必要は、、全く無い。







西側正面、、、逆光だが    こちらに入り口がある。




↓ 外壁の構造は、、ロシアの教会らしくやや複雑だが、、壁面装飾は、、ドア以外はとてもシンプルだ。 ↓




入場無料

撮影禁止

内部の明るさ、豪華さには、圧倒される。

売店が1階にも、地階にもあったので、
早々にガイドブックを購入する。



↓ 以下の内部画像は、ガイドブックよりの転載 ↓



中央ドームの下



中世のロシア正教の聖堂は、、重厚と言うよりも陰湿な感じを受けるのだが、、
2000年完成のこの聖堂の内部の明るさは、、宗教自体の変化を表しているとしか思えない。








大きな中央ドーム + 四辺に小さなドーム




天井画も 壮麗で明るい。











内部は現役の宗教施設として行事があり、厳かと言うよりも華やかな雰囲気だ。


目立たないが、、地下への階段があり、、礼拝堂があった。







↓  地下からの出口は、、南側  ↓





上段へ戻ろうとするが、、
有効な階段は、、東側(モスクワ川)のみだった。




東側からの 救世主キリスト聖堂、、、順光だ。


一帯で聞こえるのは、、中国語ばかり、、


↓  モスクワ川の観光船発着場  ↓
30分に一便、、、1時間、500P









橋の中程から




ピョートル大帝記念碑




←   ピョートル大帝記念碑 は南に見えるので 逆光、、、



↓  ベレセネフカの聖ニコラウス教会  ↓

小さそうだが、、華やかだ。




モスクワ川を越えて、、ヴァダアトヴォードヌイ運河を渡った端からの 救世主キリスト聖堂





ヴァダアトヴォードヌイ運河から見た ピョートル大帝記念碑



橋を下りて、、ヴァダアトヴォードヌイ運河の右岸を北上して、
トレチャコフ美術館へ向かう。






2度目のロシア旅行記目次へ
海外旅行専用目次へ  ヨーロッパ旅行専用目次へ 
感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ