感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ
写真豊富な のぶながワールド

≪  サプサン号 : モスクワ 〜 サンクトペテルブルク往復  ≫

走行距離 637km 約4時間の旅
往路 760 : 10/09 9:40 → 13:32
帰路 759 : 10/14 9:10 → 13:04

ロシア鉄道予約の方法へ


2度目のロシア旅行
15日間独り歩き (10)
2017-10-06 〜 2017-10-20




↓  8:05 の革命広場駅の乗客、、大きなスーツケースを持って、朝のラッシュアワーは大丈夫だろうか? の心配は皆無で、
↓ 月曜日の8時過ぎでも 余裕の乗車率であった。

↑   ロシア人は、、写真に自分が入っている事にとても敏感である。  ↑
街の風景を撮った写真には、、こちらに視線を向けている人が多いのである。
イスラム系の場合は注意しているが、、ロシアの場合は、敏感なだけで敵意ではないだろう。



サンクトペテルブルク行きの レニングラード駅は、事前に下見していた。




↓  近郊線のホームとは離れて、、道路を挟んでカザン駅と向き合っているのが 長距離列車用駅舎である。  ↓




↓  駅舎の扉の中は、、先ず大きなホールで、その奥に、また広い待合ホールがある。 ↓

発車ホームが掲示される電光掲示板が、、中国語で表示されるのには驚いた。  ↑
観光地に、中国人団体観光客があふれているのだが、、ここまで中国語とは!!



待合室ホール、、、様々な売店と、、、地下には 有料トイレにロッカー室、、、54X93X75cm で150P

9:40発の 760列車は、、、8:45に 7番ホームと表示された。



↓  9時を過ぎてから、、ホームへ向かう。  ↓
手荷物検査はあるが、、、乗車券チェックは無しだ。

列車の乗車口で、、車掌にパスポートを要求され、、パスポートデータの検索で、、乗車許可 !!
なんと、、、E−TICKET のチェックは無かったのである。
( ウラジミールに往復した時も同様であった。 )



↓   必要とされなかったE−TICKET  ↓




荷物置場は、、前後に 2箇所ある。
どちらも 最終的には、、山積みとなっていた。



ほぼ直線に走っている。  遮る山は無く平坦な荒野のみ、、、




モスクワ郊外は 高層住宅群




市街地を抜けると、、、殆んどが、広葉樹林の原野のみ、、
中国なら、、山あり川あり、畑あり、仏塔や高速道路、、と見飽きないのだが、、
今回は、、殆んどが 未開発の荒野、原野である。
たまに村、、川、、人工物は少ない。







↑  圧倒的にこんな風景だ。  ↑



停車駅は 2〜3箇所だけ。








↓  牧草地は、1箇所しか見えなかった。  農地と思しき整地された風景は殆ど見られなかった。




↓   ヴォルホフ川  ( チュドボの南東10km辺り )   ↓

ヴォルホフ川 は、、北の 広大なラドガ湖 と 南の イリメニ湖 との間を流れている。




わざわざ 進行方向の窓際の席を予約したのだが、、、こんなに単純は風景ならば、、トイレに気楽に行ける通路側が良かったと思う。




まもなく サンクトペテルブルク に着く。




サンクトペテルブルク の モスクエア駅   定刻通りに到着




↓  長距離用待合室を通過して、、駅の外へ  ↓




↓   駅前ロータリーの光景   ↓




駅からは、、徒歩圏内のホテルを予約してある。



サンクトペテルブルクは雨だった。

サンクトペテルブルク滞在中は、雨、晴、雨、晴、雨 と天候には恵まれなかった。





2度目のロシア旅行記目次へ
海外旅行専用目次へ  ヨーロッパ旅行専用目次へ 
感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ