感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ
写真豊富な のぶながワールド

≪  グジェリ村へ グジェリ焼きを求めて、在来線で日帰り  ≫

土産物屋で見るグジェリ焼きは、太筆描きで大味なので好みではないのだが、、
一品だけ細い線で繊細な筆使いが見られた。
探せば良いものが見つかるかも知れないと思い、、グジェル村を探訪する予定を立てた。


2度目のロシア旅行
15日間独り歩き (32)
2017-10-06 〜 2017-10-20




カザンスカヤ駅から近郊列車でグジェリ村へ、、、
駅の下見は既に済ませてあるので、、迷う事は全く無い。
グジェリへの列車も、時刻表、列車毎の停車駅時刻まで、詳細は全てプリント済みだ。

工場見学が出来るという 工場のホームページを見て、、事前に MAILで問合せて、
「工場見学は、14時から グループで受け付けている。 個人ならそのグループに参加できる。」
との 返事をもらっていたので、、事前の連絡もせずに、、飛び入り参加する予定で 出かけた次第だ。

また、、Google の Street View で克明に調べて、Gzhel 村の 小売店の位置も、、プリントしている。



カザンスカヤ駅 9:20発 Шатура 行き
目的の工場は、、Гжель駅 の次の игнатьево駅 にある。

игнатьево = Ignatyevo は無人駅らしいので、、
カザンスカヤ駅で gnatyevo 往復切符を購入する。 308P = 600円 で往復である。



9:20発、10:42分着  1時間20分の各駅停車である。
GPSにルート登録してあるので、、下車のタイミングも間違う筈は無く、万全の準備である。




行程半ばで、市街地を抜けて、、黄葉の中、、もう無人駅ばかりのようだ。
出発して 30分程で 女性二人で検札に回ってきた。
帰路は、、乗車30分弱で、、3人で検札に、、
共に、列車の進行方向から回ってきた。

GZHEL駅だけは、、線路も多くて駅も大きいが、乗客は疎らだ。  貨物駅を兼ねているのだろうか?



GZHEL駅 の次の IGNATYEVO駅で下車する。




↓  IGNATYEVO駅  ↓

予想通り 無人駅
数人が下車したが、、北の方へ向かっていた。

私は、、南へ、、、ただ一人、、


想像以上に、、何も無い、、、、立ションもし放題、、、



Google Earth で確認していたので、驚きはしないが、、
この道は、、先まで続いているのだろうか?
一抹の不安がよぎる、、、


↓  紫の線が実歩行ルート、、、黄緑線は、、事前登録の目安の線である。  ↓




教会が見える。








↓  360度のパノラマ撮影  ↓

全く何も無いのである。



↓  10分強歩いて、、、住宅が近くに見えてくる。  ↓




住宅のみ、、商店は無い。  農家らしいのも、、




↓  公衆電話 ?    一軒の敷地は広い、、、 ↓
駅方向に向かう人に、、2〜3人に遭遇しただけ。




35分歩いて、、幹線道路に出た。

真直ぐ行けば、、予定の工場だが、、11時過ぎなので、、近くの販売店を冷やかそうと、、西に向かう。



マルシルートカが走っているが、、、、現状では 利用のしようが無い。
村内の地名でも判れば、利用も可能になるだろうが、、




事前に調べた  グジェリ焼きの小売店は、、、
↓   こんなにおおらかな光景なので近いと思っていた。  ↓
歩いてみると、、なんと 370m もあったのだ。




↓   Street View で見たままの家屋、、、  ↓
正直、、期待などしない、、




入って 見てみると、、、

なんと  なんと、、結構 期待以上の製品が並んでいる。
価格も気を緩める。

出来るだけ 大皿を 求める心算で探す。



↓   珍しく 色絵の作品が、、、価格はそれなりに高いのだが、、値段だけのものではない。  ↓




先客が一人、、、街の土産物屋のおばさんが仕入れに訪れていたのだ。
小さな フィギャものを中心に、、何十体 と仕入れていた。
1体ずつ新聞紙で包み、、伝票記入、、計算、確認、、と長時間、、

支払いが終わると、、私に 「待たせてごめんね!」 と言うそぶりで出て行った。



私は、、冷やかしの心算だったが、、、

期待以上のものがあったので、、、
( グジェリ焼き自体を殆ど知らないので、、
もともと 期待値は低いのである。 )

↓  程々の額皿も見つかった。  ↓
↓  直径 30cm、、、32cm、、 25.5cm    ↓




スープカップとしても使える コーヒーカップ




口縁部分に確りと絵付けがされている。




外側は良いが、、内側は手抜き




小さなサモワール




小物皿、、と 小瓶


以上、、とりあえず、、、グジェリ焼きとはどんなものか? との出発点となるものを購入した。


お店のおばさん、、

丁寧に、、伝票を書く、、、


支払いは、、CASH だけ。


計算が合わないが、、
9品購入が、8品分の記載しか、、

5500P=1,1000円 の支払い。

リュックは、、一杯になってしまった。

12時過ぎ、、、

工場見学は、、もうどうでも良くなってしまったのだ。



↓   これは 翌日に ヴェルニサージュで購入した 2点  ↓


350P + 150P = 1、000円
こちらの方が良かったと思う、、絵付けも価格も、、





↑  ただし、、ヴェルニサージュは、、種類は殆ど無い、、、  ↑




街中で、、目に止まったグジェリ焼き  →


共に 繊細さは ある。

次回は良いものを厳選してみよう。



↑  気に入ったのだが、、団体観光客向けの土産物店なので、価格設定が暴利、、買わず。 ↑



つい 買い込んでしまったので、、工場見学は  もう気力が無い。

食事して帰る事に決定、、、レストランだと思って近づいたら、、
ミニスーパー だった。
アイスキャンデーだけ買って、、
来た道を、、、駅に向かう。
12:38




道端の雑草は、、日本と同じ、、、冬の寒さは関係ないらしい。




20分弱で列車が来た。



無事に、、ホテルに帰り、、、
マネージナヤ広場近辺を探索して
レストランに入ろうとチェックしたが、
魅力的なのが見つからずに、、
17:45
ムームーで食事して、1日は終わり。



帰国後、グジェリ焼きのカップを利用しているが、、、
内側に付着するコーヒー成分が多い。 (普通の磁器カップと比較して、、)
手で洗うぐらいでは全て取れないので、、硬いスポンジで洗わねばならない。
焼成温度が、、通常磁器の1300℃より低く、、釉薬のガラス質に気泡が多いのか??
釉薬自体に不純物が混じっているのか?
磁土自体の精製度も低く、、黒い点が含まれているものもあった。
グジェリ焼き全体が庶民的な民芸なのだから、、日本の陶磁器界レベルの高級を求めるのが無理なのだろう。
その中で、、秀でた職人の作品を探し出せたら、、、嬉しさは抜群だ!  これが焼き物好きの性なのだろう。
また行くぞ〜!  と 来年4月のフライトは予約済みなのだ。



2018/04の2度目のグジェリ村訪問記へ





2度目のロシア旅行記目次へ
海外旅行専用目次へ  ヨーロッパ旅行専用目次へ 
感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ