感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ
写真豊富な のぶながワールド

≪  2度目のセルギエフ・ポサード  ≫

ヤロスラブリ駅から在来線でセルギエフ・ポサードへ

2017/01 のセルギエフ・ポサード訪問記へ


3度目の ロシア旅行 16日間単独行 (18)
2018-04-19 〜 2018-05-04




ヤロスラブリ駅で改札前の窓口で、 「 セルギエフ・ポサードまで往復 」のメモを見せると
構内の窓口へ行けと、、構内の窓口に行くと、、、17番18番の窓口へと、、
結局、、18番の窓口で購入できた。 往復 352ルーブル
「地球の歩き方」 に 17番のカッサで、、と書かれている通りになった。

アレクサンドロフ行きと  セルギエフ・ポサード行きとの2種類の列車がる。
私は、、9:06 発のアレクサンドリフ行きに乗り、セルギエフ・ポサード 10:35 着
1時間20分の 列車旅である。
これが、、、、 、、、 最後に紹介しよう。



セルギエフ・ポサード の駅から、トロイツェ・セルギエフ大修道院までは、 徒歩で、、



駅前は拓けている。  食品スーパー2軒、マクドにケンッタキー、、etc




途中、、市場と言うか商店街と言うか、、通り抜けは出来なかった。



西へ行き、、大きな道を 北に行けば、、、

↓   ジャーン、、、町なのだが、、これしかないようだ。  ↓
ヤロスラブリは大きな町、、ロストフ・ヴェリーキーは ど田舎








↓  トロイツェ・セルギエフ大修道院 入場門  ↓
OPEN である。  入場料は無し。
「歩き方」 には 320ルーブルとあるが、、

凄い人、、前の駐車場には観光バスが数十台、、

2度目なので、集中力はない、、

↓   ピンクの建物の中と屋外に 聖水が溢れる噴水がある。  ↓
大きなペットボトルを販売している。




鐘楼  は 内部は完全に土産物屋




ウスペンスキー大聖堂




ウスペンスキー大聖堂内部




イコノスタス=聖障









↑  人気の絵                



ウスペンスキー大聖堂の南横から入るお墓




ウスペンスキー大聖堂、聖水          ↓  精霊降臨教会 ↓




精霊降臨教会 内部 とても狭い。








トラベズナ聖堂 内部








トロイツキー聖堂は、、凄い行列だ、、、前回訪問時に見ているので今回は省略




トロイツキー聖堂横の建物は、、大きな 土産物屋、イコンの展示販売が広く立派である。 部屋が3〜4あった。


無気力にブラブラとして、、街を散策、、

と言っても、、何も無い。  ビュッフェが2軒程、、、誰も入っていないので止めにした。


大きく迂回したが、、何も無く、、違う道を駅へ、、、

トイレと思い、、マクドへ、、、初めてチキンナゲットを食したが、、小さすぎて、歯応え無し、単純な味、、
こんなものが売れるんだ〜〜





帰路の電車は20分程待った。

次第に 人は増えて、、満員になった。


車内は、、物売り、、物売り、、
それに、、、、
グジェりの車内は、物売りだけだったが、、
この路線は違った。

パフォーマンスが、次から次へと、、
物売りは、、座席に商品を置くだけ、、
置いた後で、無言で回収する。
回収する時に、、商品を欲しい人が声をかける。

大声で説明してから、車内を回る人もいる。
瞬間強力接着剤、、靴下、掃除機のゴミ袋、
ベルト、、敷布、、、、ありとあらゆるものの販売、、

これが、、結構な割合で、売れていくのだ。

この路線では、、パフォーマンが、、

フルートの演奏、、コーラス、、ギター、、
アコーデオン、、

下手なのに、、隣の主婦、、早々と財布を取り出し
袋に入れる。
アコーデオンは、、巧かった。

全員、、強要はしない。
袋を持って、、歩くだけ。 個人個人にねだりはしない。
さあ〜と通路を歩くだけ。
いれる人は手を伸ばしていれるのだ。
乗客は、、嫌な思いは全くしない。



ピュシュキノの南の教会


今日は アイスを 3個も食した。



3度目の ロシア旅行 16日間単独行目次へ
海外旅行専用目次へ  ヨーロッパ旅行専用目次へ
  感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ