感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ
写真豊富な のぶながワールド

≪  ヴェルニサージュ = 土産物の格安市場 モスクワ  ≫

ヴェルニサージュ は、水曜日の午前中が街の業者が仕入れに来る日なので、
価格が安くなり、開店店舗数も多くなる。  と言うのは 本当であった。


2度目のロシア旅行
15日間独り歩き (33)
2017-10-06 〜 2017-10-20




帰国直前の水曜日に、、お目当ての 葱坊主のオルゴールを買いに ヴェルニサージュへ出かけた。

↓   閑散としていた前回の訪問と違い、  ↓
9時過ぎだと言うのに、、両手に荷物を持った人達が帰るのを見る。

ヴェルニサージュに行くなら、水曜日の午前中に !  と言う情報は真実であった。



ヴェルニサージュの下見の頁へ


今回は、、目的のものを買うだけなので、、民芸品売場のみを目指す。



既に 大賑わい だ、、、店の人の売り込みも活気がある。

一通り 値段を確認しながら、、民芸品売場を往復する。
価格の相違はあまり無いようだ。

シュカトゥールカ (ラッカーミニアチュール、ラーッカー塗り細密画 )
普段は、3700Pだが、今日は、2000Pだと、、蓋の中の3700Pの値札を見せるが、
確か、、前回も 2000Pからだったと記憶する。
観光客と、仕入れに来る業者との価格差は当然区別しているだろう。

僅かしか買わない観光客にとっては、、選択の余地が広がるのがありがたい。

オルゴールは、、特に素晴らしい絵柄は見当たらないので、、曲で選択した。
予定していた カリンカ だ。  高さ21cm で 500P




クリスタルガラスのレーザー彫刻、、、バレエものを1体購入
ボリショイ劇場SHOPよりは若干安いだけ、、、




ホフロマ塗り、、グジェリ焼き とあるが、、種類は少ない。




↓ ホフロマ塗りとは絵付けの繊細さが全く違い、、飾りとしては良いかな? と触手が動いたのだが、 ↓
叩いてみると、、明らかに 木製ではない。  合成樹脂の響きだ。 これでは買えない。
中国のおばさん達が強烈に値切っていたが、、
青年が、、これは手描きだ! と一切値引きには応じていなかった。




期待していなかった グジェリ焼き、、少ない展示の中、、
↓  手の込んだカップを2点見つけ、、350P、150P と格安なので 即購入  ↓




購入した 葱坊主オルゴールは、、、

音が貧弱なので、、是非欲しいと思っていたわけではなく、、
記念に何も無いというのは、、気になるので、、
買っておけば、以後は 気にしなくて良いから と言う理由での購入予定。


自宅で、、鳴らしてみるが、、やはり音の貧弱さは我慢ならない、、、


少しでも 良くならないかと、、共鳴箱の上に置く、、
少しは響く、、
底面の丸いベニヤ板、、
周囲に水を垂らす事2回で,、水溶性の接着剤が緩んだ。
取り外して、、別の1枚板に交換して、、篭らない様に!!

共鳴箱と共に、、少しは我慢できる響きになったが、、
曲が短すぎる、、、、、

ネットでまともなオルゴールを検索してみると、、
日本の Sankyo では、、4万円 程する。
1000円のおもちゃとは違うのだ。
 



予定の買い物を済まし、、、
今夜の ボリショイ劇場での バレエ 海賊 の鑑賞を残すのみで
もう、、予定していた所は無い、、明日は帰国だ。


余った時間を、、モスクワ南の公園、、コローメンスコエ で なんとか潰そうと、、





2度目のロシア旅行記目次へ
海外旅行専用目次へ  ヨーロッパ旅行専用目次へ 
感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ