感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ
写真豊富な のぶながワールド

≪  クレムリン大会宮殿バレエ box office  ≫

2度目のクレムリン
パルク パリャジェ

3度目の ロシア旅行 16日間単独行 (2)
2018-04-19 〜 2018-05-04




早朝に ホテルで 滞在登録証をもらい、、カザンスキー駅へ、
後半に宿泊するする レトロホテルの場所の確認だ。

先ず、ヤロスラブリ駅前の ケバブ屋で朝食、、
その後、、ホテルを探す、、
ホテルはカザンスキー駅構内の 最も奥・南側の2階にあった。

↑  滞在登録は半日後には 要求すればくれる。  ↑



↓  カザンスキー駅構内のホテルの案内板  ↓
ホテルの看板を探していたので、
置き看板など目に入らなかった。




ホテルの矢印があり、それに従うと
一番南の端、、2階にあった。

後半の宿泊は、、サンクトペテルブルクからの帰路
ヤロスラブリ往復、グジェリ往復と
便利なロケーションのホテルである。

↓  ヤロスラブリ駅前の ケバブ屋  ↓

何処から来た?  ジャパン! と言ってもナカナカ通じない。
他の客が、、日本人だと通訳して納得。

チキンが 150ルーブル で ボリューム十分である。








クレムリン大会宮殿バレエは、主な演目の映像を見ていると、、
巨大な舞台にスタイルの良い人達が多かった。  その内の準主役の二人が背が高くとても魅力的。
映像は数年前の録画なので、同じ人物がいるとは限らないが、、気にかかるので見ておきたかった。

クレムリン大会宮殿バレエのチケットは、インターネットで予約できるようになっているのだが、、
日本からだと、クレジット入力の段階で、エラー表示になり 何度やっても同じ結果、、
仕方なく現地 BOX OFFICE へ、、、
住所は 通常の入場券売場とは違い、ウーリツァ・モホヴァヤ道路の反対側なのだが、、
何度探しても、、見当たらず、、仕方なく 一般のチケット屋で購入する。
高いのか安いのかと聞かれて、高いのと身振りで示し、、座席表が画面に示され、指差しで購入。
クレジット払いである。   1500ルーブル。 2018/04/23 GISELL である。


ついでに、、2度目のクレムリン見学だ。
前回は、、ウスペンスキー大聖堂(生神女就寝大聖堂)が見学できなかったので、、気になっていた。







↓  ウスペンスキー大聖堂  ↓
側面




背面




内面

イコノスタス=聖障


内部は、一般的なもの
↑  正面が 聖人達の立像イコンで埋め尽くされて  ↑
↓  側面は、、場面描写等のイコン  ↓

 
造りは、複雑な構成にはなっていないシンプルなもの。



↓  小さな Church of Deposition of Virgen's Robe ↓






聖母大聖堂 (ブラゴヴェシチェンスキー聖堂)

内部は 2017/01 の見学時



アルハンゲルスキー聖堂

歴代のモスクワ公、ロシア皇帝の48の棺がある。

鐘楼の内部は公開中止

大砲

と  2度目なので気楽に散策



この後、、クレムリンの外側を 南の外壁を見ながら
新しい公園 パルク パリャジェ を散策する。

Google Earth 上に GPS軌跡を載せるのが難しくなった。
↓  軌跡の色を指定できない、、薄い青なので見難いのだ。  ↓





クレムリンを出て、、アレクサンドロフスキー庭園を南に下る。

↓  ホロヴィツカヤ広場  ↓




↓  ホロヴィツカヤ塔(武器庫とダイヤモンド庫の入口)    南の城壁   ↓

↑  城壁の外から見える 聖母大聖堂 (ブラゴヴェシチェンスキー聖堂)、 アルハンゲルスキー聖堂



赤の広場の南端



  おッー

  桜が咲いている〜



と思ったが、、近づいてみると、、造花であった。




パルク パリャジェ

ICE CAVE など様々な施設が、、


↓  去年の10月に見た時は、、超満員であった野外劇場  ↓



公園の北側には、、 4〜5 教会が建っている。




グム百貨店の裏から入り、、3階東南隅の スタローヴァヤ No57 へ

1時過ぎだったので、、、ケーキで昼食代わり、、250ルーブル

この店は、、落ち着くのだ。
 
のんびりと スタローヴァヤ No57 で過ごし、、

アホートヌイ・リャト の南の端にある ちょっと高級なスーパ DAILY で

ショッピング、、、





↓    夜は、、近くの ムームー で食事、、  ↓
            475ルーブル

ブーシェ で 明日の朝食 290ルーブル を 購入し、、1日を終わる。






3度目の ロシア旅行 16日間単独行目次へ
海外旅行専用目次へ  ヨーロッパ旅行専用目次へ
  感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ